«
»

中国 立て続けに対豪「制裁措置」

趙立堅氏のツイッターに載る画像(画像の一部を加工しています)

拍車掛かる「戦狼外交」 インド太平洋構想の分断狙う

 中国はオーストラリアに対し、経済報復カードを次々に切っている。豪州は4月、新型コロナウイルスの発生源調査を世界に呼び掛けた。これに中国は猛反発、豪州からの輸入や自国民の豪州旅行を制限する露骨な「制裁措置」に踏み切った。さらに今月1日からは輸出規制を厳しくする輸出管理法が発動、中国の力で威圧する「戦狼外交」に拍車が掛かる。中国が狙っているのは日米が牽引(けんいん)する「自由で開かれたインド太平洋構想」の分断だ。 (池永達夫)

 中国商務省は11月27日、豪州産の輸入ワインが不当に安い価格で販売されているとして、反ダンピング(不当廉売)措置を取ると発表した。ダンピングを表向きの理由に仕立てた対豪制裁の一環だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。