«
»

中国大手塾 コロナ禍で閉鎖か

中国大手塾保護者

受講料返還求め父兄ら猛抗議

 中国国内で1200校を経営する大手学習塾「優勝教育」(本部・北京市朝陽区)が、新型コロナウイルスの悪影響で経営破綻に陥り、塾講師への給与未払いのほか、通塾する生徒の父兄ら約1000人が受講料払い戻しの未払いに対する抗議を行うなど、混乱が続いている。

 中国経済は習近平指導部の威信を懸け、新型コロナウイルス蔓延(まんえん)期前に回復しつつあるが、教育熱の高まりで学習塾ビジネスを急拡大させた教育界にもコロナの爪痕は深い傷痕を残している。(深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。