«
»

中国で現実となる『一九八四年』

川端康雄著『ジョージ・オーウェル』(右)とオーウェル著『一九八四年』(高橋和久訳、ハヤカワ文庫)

目つぶるリベラル派の欺瞞

特別編集委員 藤橋 進

 中国・内モンゴル自治区で、9月から教育の漢語化が強行され、反対するモンゴル族を当局は次々と逮捕・拘束している。子供を登校させない公務員は解雇、一般市民は融資を受けられなくするなど反対を封じ込め、それでも抵抗する市民の写真を公表して指名手配し、人工知能(AI)の顔認証機能を備えた監視カメラで見張っている。

 中国では都市部で「天網」、農村部では「雪亮」という人民監視網ができている。英国の調査会社によると現在2億台以上ある中国の監視カメラは2022年には6億2600万台になるとの予想だ。英国の作家ジョージ・オーウェルが1949年に発表した小説『一九八四年』の世界が現実になろうとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。