«
»

中国共産党内に亀裂

北京の人民大会堂で開かれた全国人民代表大会-情報流出の恐れ-中国に強硬(全人代)に出席する習近平国家主席(左)と李克強首相5月22日(AFP時事)

習主席の「大国外交」に反旗 李首相との権力闘争激化

 中国の強硬路線が顕著だ。だが、これが党内で軋(きし)みを生み出し、内部の権力闘争が激しくなってきている。とりわけ習近平国家主席と李克強首相の権力闘争が顕著だ。(池永達夫)

 中国は習近平政権になって、低姿勢に徹する鄧小平の外交路線・韜光養晦(とうこうようかい)を捨て、自国の意志を貫く「大国外交」に転換した。

 それでも圧倒的なパワーを持つ米国にだけは、韜光養晦路線を堅持しているかに見えた。だが、新型コロナウイルスの感染拡大以後、その米国に対しても牙をむき、共産党独裁体制の利益を守ろうとする独善性に拍車が掛かる。

 そうした習近平政権の大国外交を後押ししているのは、愛国主義的な国内世論だ。ただ、共産党が一枚岩となって支持しているわけでは決してない。

 評論家の石平氏は、先月21日に習国家主席が人民大会堂で主催した企業家座談会に注目する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。