«
»

香港立法会選、延期で与党惨敗回避か

28日、香港で、街頭に掲げられている「国家安全維持法」(国安法)のポスター(AFP時事)

「コロナ」理由 選挙に厳しい制約 民主派屈せず代理候補準備

 香港で9月6日に投開票される立法会(議会=70議席)選挙に向け、31日には立候補が締め切られ、選挙管理委員会が民主派のどの候補を立候補資格剥奪するのか、基準や理由に注目が集まっている。香港での反体制的な言動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)施行で、親中派を除く有権者の林鄭月娥政権への不信は増大。

 昨秋の区議会選の与党・親中派惨敗を繰り返さないように、新型コロナウイルスの感染拡大を大義名分に選挙活動の制約を強め、行政長官不信任と親中派敗北回避への最後の一手として選挙延期論も強まっている。(香港・深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。