«
»

仏ノーベル賞学者「新型コロナからAIDSウイルスの配列を発見」と 言明

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスを罹患した人々が、ただの「武漢肺炎」ではなく、以下のような様々な症状が報告されています。

 ・神経系のダメージ
 ・味覚・嗅覚喪失になる
 ・触覚麻痺という症状
 ・皮膚、小腸の血栓現象が発生し、細胞を壊死(えし)させる
 ・男性の睾丸への攻撃
 ・心臓を攻撃
 ・中枢神経、脳損傷による幻覚、幻聴
 ・子供患者特有の「川崎病」に似た血管の浮腫

 以上のように、ありとあらゆる全身への症状が、世界各国から相次いで報告されてます。果たして、このウイルスの正体はいったい何なのか・・・??

 2020年1月末の時点で、僕は「新型コロナウイルスは『人工編集ウイルス』、人民解放軍が開発する生物兵器である」と強く主張してきましたが、当時は誰からも信じてもらえませんでした。挙句の果てには、「陰謀論だ」と嘲笑う声が絶えませんでした。

 

リュック・モンタニエ(Luc Montagnier)博士

リュック・モンタニエ(Luc Montagnier)博士

 ところが、最近はようやく権威ある学者が「COVID-19はどう見ても人工編集されたウイルスだ」と断言するようになりました。こう発言しているのは、リュック・モンタニエ(Luc Montagnier)博士。 2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞した世界随一のウイルス研究の権威です。しかも、モンタニエ博士は、「COVID-19にHIVウイルスの遺伝子が人工的に挿入された」と断言しました。何故断言できるのかと言えば、同博士は、世界で初めて「HIVウイルス」を発見した人物でもあるからです。その功績によりノーベル賞受賞に至りました。

 今回はモンタニエ博士が仏ニュース番組C-NEWSに出演しインタビューを受けたその内容を全訳しましたので、それをご紹介いたします

 以下は原語を忠実に翻訳しました。

——————————-インタビューここから

記者
 新型コロナウイルスの遺伝子配列の解析は遥かにAIDS(エイズ)の遺伝子配列の解析より早かったが、解析度が低いと思いますか?

リュック
 武漢実験室はコロナウイルス研究にかなり歴史があり、この実験室はまさにプロ集団です。これは私が新型コロナウイルスの解析をさらに深く追求した動機になりました。私だけではありません。私の同僚の専門家の Jean Claude Perrez も共同に解析しています。彼は数学を生物学の遺伝子配列の解析に運用してます。彼が新型コロナウイルスのすべての遺伝子配列を研究しました。

 私たちは新型コロナウイルスからAIDSウイルスの配列を見付けた第一発見者ではありません。だいぶ前にインド人の科学者が発見しました。私が確認した、これはAIDSウイルスでした。しかし、インドの科学者が上記の論文を発表した後で撤回してしまいました。彼らは何れかからの圧力を感じていたようです。しかし、科学は必ず世の中に明かにします。

記者
 新型コロナウイルスからエイズウイルスを発見したのは衝撃でした。しかし、これは自然変異の結果の可能性は考えられませんか。例えば、AIDSの患者が新型コロナウイルスを罹患したためとか?

リュック
 いえいえ、人間の体にこのような変異は発生しません。ウイルスの配列に新しいタンパク質を挿入しないければなりません、それは実験室内で行わないということです。確かに昔は難しい技術でしたが、今はとても進歩したので、とても簡単です。

記者
 では、あなたは「自然発生」という論は信用しないことでしょう。必ず人工編集の話になりますね。

リュック
 その通りです。新型コロナウイルスはコウモリから抽出したコロナウイルスを元に制作したものです。その後、何らかの事故で漏れた。海鮮市場から流出説はあくまでも噂です。

記者
 この人工ウイルスを製造する目的は何なのでしょうか。生物兵器として使うためでしょうか。それともAIDS予防のワクチンを作るためなのでしょうか?

リュック
 ワクチンの開発目的は理性的な解析です。人間に発症させないコロナウイルスを媒体として、エイズの抗体を含むエイズウイルスの分子で、エイズ予防のワクチンを培養します。

記者
 つまり花に水をやる人が自分へ流失させてしまった事故なのでしょうか?

リュック
 その通りです。カルトの人が学術的なミスを起こしたのと同様です。分子生物学はいろいろな実験ができます。しかし、私たちは、自然界があらゆるの実験を容認するわけではありません。まさにルールを忘れてしまった、という事です。

 (分子生物学には)必ず守らないといけないルールがあります。もし自然界が容認しないなら、それは私たちに災いとして帰ってきます。それこそが現在のウイルスの蔓延という状況です。これにより人間は、自然へ人工的に挿入された部分の配列を破棄しなければならないことが分かりました。実は新型コロナウイルスが変異しつづけ、最近は最新の感染者、アメリカ西岸の患者の体から発見された新型コロナウイルスはすでに人工挿入された部分が減ってしまっています。

記者
 これは明るいニュースですね!

リュック
 そのように望みます。

 もしかしたら、私たちは何もしなくても感染拡大が抑えられるかもしれません。しかし、現在はすでにたくさんの死者が出ています。私は感染拡大を抑える提案をしようと思います。例えば、「妨害波」を利用します、しかし、それには多額の資金の投入が必要です。

記者
 先生の言葉ははっきりしていて、とても怖かったです。なぜならあなたは世界的に有名な学者であり、ノーベル賞の受賞者です。しかしあなたの発言は陰謀論と批判されるかもしれません。

リュック
 真相を隠そうとする人こそ陰謀論者です。私はたくさんの中国の友人がいます。感染が爆発する数週間前に、ちょうど私は中国にいました。もし中国政府が最初に感染情報の真相を公表していれば、今はもっと簡単に対応できたはずです。中国政府が、実験室からウイルスが漏れたという真相の責任を取らないといけません。真実はいつか明かにします。

 私が解析した結果に、エイズウイルスの遺伝子配列以外に、他のウイルスの遺伝子配列も発見されました。私は誰かに対して責任を追及するつもりはありません。しかし確かに武漢実験室でいろいろなゲノム編集が行われていました。だからこそ中国政府は必ず責任をとらないといけません。

 特に新型コロナウイルスの研究についての論文の発表を禁止するべきではありませんでした。これは無稽なことです。
 
 中国が「表現の自由」を規制し続ければ、いつまでもミスリードが起こしてしまうでしょう。今世界は科学自体が重要ではありません。真相は存在しません。あるのは特定の人が発信す願望だけです。科学研究者にとって災難的表現の自由の弾圧です。そのようなプロパガンダが広がると誰も科学を信じなくなります。中国は最近、実験室の問題に言及しましたが、もう少し頑張って責任の究明してほしいですね。

 しかし、中国だけではなく、武漢P4実験室にアメリカからの寄付金がありました。だから、中国以外でも加担してる可能性があります。中国政府が過ちを認める大人になってほしいです。

————————-インタビューここまで

 翻訳は以上です。日本の左派マスメディアでは、モンタニエ先生の発言を「オカルト博士」と人身攻撃的報道も多いようですが、この全訳を読んだ上で、読者の皆さんには自身で判断することを願います。

*アイキャッチ画像はウィキペディアより引用

35

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。