«
»

新型コロナの“中国収束”に疑惑、無症状陽性はノーカウント

習近平国家主席

伊の拡散リスク調査と矛盾

 世界が新型コロナウイルスの脅威にさらされている中、共産党政権の中国は感染を“収束”させ危機脱出に成功しつつあると宣伝し、“ウイルスとの戦いを指揮してきた”習近平国家主席の記録映像などをゴールデンタイムに合わせ放送し始めた。中国の収束は本当なのか? (池永達夫)

 発生源となった武漢市を1月23日に封鎖して、2カ月が経過する中、中国政府は3月18日、武漢市を含む湖北省全体で新規感染者がゼロになったと発表した。以後、ゼロ行進が続き、23日になって1人の新規感染者だけが報告された。

 だが、武漢住民の大半は半信半疑とされる。武漢市では感染が疑われる人が病院に行っても、検査で感染が確認されることはなく、恣意(しい)的データが作り上げられていると疑われるからだ。

 何より中国は新規感染者をカウントする判断基準となるハードルを上げ、数値を意図的に下げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。