«
»

香港デモ、逮捕と発砲相次ぐ

700-1

行政長官 習氏と会談後、強硬に 「暴動」理由に区議会選中止狙う

 反政府デモが5カ月以上続く香港では、警察とデモ隊の衝突が各地で頻発、先鋭化している。警官隊が香港中文大学の校内に踏み込むなど、大学の自治を度外視する警察の強硬姿勢で混乱の激しさが増せば、24日投票の香港区議会(452議席)選挙が延期になる可能性も出てきている。1人1票を投じる民主的な同選挙が実施されれば、民主派有利の民意が示されることで香港政府はさらに苦境に立たされることになる。 (香港・深川耕治)

 「煽暴議員(民主派議員)らが選挙の票集めで黒衣魔(黒服を着用したデモ急進派の俗称)を煽動(せんどう)し、暴力を過激化している」

 親中系香港紙の代表格である「文匯報」13日付は、デモ隊の一部が親中派に暴行したり、建物が炎上したりする写真を掲載。同紙は急進的なデモ隊の背後で民主派議員が糸を引いているように印象付ける報道を繰り返している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。