ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

香港民主派、区議選へデモ休戦なるか

800

選挙優先の穏健派 徹底抗戦の勇武派

 反政府デモが4カ月以上続く香港では、5日の覆面禁止法施行以降もデモが相次ぎ、警察とデモ隊の衝突が各地で頻発、さらに先鋭化している。駅の破壊・放火や中国系の商店、銀行ATMなどの破壊で経済は疲弊し、治安不安は観光業を直撃。民意を問う11月24日の区議会選挙、香港政局の大きなヤマ場となる来秋の立法会選挙に向け、選挙での勝利優先の穏健民主派、徹底抗戦の勇武派、防戦から攻めに転じたい親中派の持久戦は予断を許さない。 (香港・深川耕治)

 逃亡犯条例改正案をめぐる抗議デモで香港政府は条例案を撤回したが、警察との衝突は激しさを増し、6月以降の拘束者は2300人を超えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。