■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    後藤 文俊
    後藤 文俊
    流通コンサルタント
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    「ゲノム編集の失敗作の赤ちゃんを殺処分!」中国共産党の狂気

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

    ●国内外から非難を浴びた「ゲノム編集で双子の赤ちゃん誕生」のニュース

     先月末、中国のメディアは中国広東省深セン市の南方科技大の賀建奎副教授が人間の受精卵をゲノム編集技術で組み換えに成功し、双子の赤ちゃんが生まれたと発表し、これは「中国の技術の凄さ」だと大々的に報じられました。

     しかし、世界からは「人権違反だ!」と非難の声が上がっています。実は世界からの非難だけではなく、100人以上の中国人学者らも署名付きで抗議しました。これは、中国の科学界全体が世界から悪いイメージ抱かれてしまうことが懸念されていたにも拘らず、賀建奎副教授は、その後も国の支援金をもらってこの研究を続けるようです。つまり中国共産党が賀氏の研究を背後で支持しいることがよくわかります。

     生物の遺伝子を乗せるのはDNAです、DNAとはデオキシリボ核酸のこと。A、T、G、Cの4種の塩基で構成され、特殊な免疫細胞を持つ生物のDNAを分析して、そのA、T、G、Cの配列を真似し、他の種にも同じ配列で編集すると、同じような免疫細胞が生まれます。そして遺伝の病気を回避できます。1970年代に遺伝子組換え技術が誕生しました。そして1990年代に、遺伝子組換え技術を超え、より簡単で配列を変えられる最新の技術は「ゲノム編集」です。

     世界の科学者は植物のDNA組み換え実験を多く行ってきました。その結果、虫、農薬、温度、湿度などあらゆるの環境に強い植物を作って、農業の発展に貢献しています。遺伝子組換え食材の安全性に未だ定説はありませんが、少なくとも自然生態を破壊する懸念があります。それでもアメリカでは、遺伝子組換えとゲノム編集で作物の品種改良を続いてます。

     そして、動物にも様々なウィルスに遭っても生まれつき免疫力で抵抗できると、病気になりにくい体質となり、やがてそれが人間の体にも実現できるとしたら、それはまさに人類の夢となることでしょう。

     賀建奎副教授は今回、生まれつきの人間が、AIDSウィルスに抗体ができるような人体実験をして、将来はAIDS感染者を助ける新薬の開発につながるのではないかという「大義名分」で、人体実験を続けました。そして、賀建奎副教授は、今回使用してるのは2012年に発表した「CRISPR/cas9」と呼ばれる世界の最新のゲノム編集技術です。

    ●エイズ感染者夫婦を大々的に募集していたことが判明

     では、なぜ賀建奎副教授のやり方はどうしてここまで非難されるのでしょう?実はもっと恐ろしいエピソードがあります。

    ■RFA(米ラジオ、ラジオ・フリー・アジア)の報道によりますと
    https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/huanjing/hc-11302018101556.html

     この研究が始まる前に、まずはAIDS感染者の夫婦を集めました。
     中国AIDS公益法人「白樺林全国連盟」の代表白樺氏が新京報の取材に対し、彼が賀建奎副教授のために、非公開でAIDS感染者の夫婦を募集した、と答えています。そしてこの募集に対して約200人以上が応募、その中の約20カップル(約40人)の夫婦が採用されました。賀建奎副教授はゲノム編集の研究グループをリードして、AIDS感染者の夫婦から受精卵をもらって実験を開始。もちろん、このような高度な技術で実験には、失敗がないとは、限りません。ですから当然のことですが、失敗を繰り返して、今回の成功へと繋がったのです。

     ある匿名の実験体の男性が中国のメディアに対して、彼は賀建奎副教授の狂気を感じて、この研究から撤退を表明しました。なぜならば「もし実験が失敗したら、失敗した赤ちゃんが“処分”される」と聞かされました。この「処分」とは、「殺す」の意味であることは間違いありません。すでにたくさんの赤ちゃんが殺処分されたことが判明しました。つまり、この研究が続けると、ますます沢山の赤ちゃんが殺処分されるという恐ろしい人体実験の研究組織だったのです。

     まさに人間を実験用ラットのごとく扱っているといっても過言ではありません。

     賀建奎副教授の団体を批判する中国の学者は、人間のゲノム編集を行えば、病気が治る方法をいろいろ見つけますが、その一方で、将来は遺伝子組換え済みの「人造人間」が社会で様々な面で一般人より優れた体質、IQを“創造”することが可能で、倫理的な問題が生じ、社会格差の拡大が進みます。

    ●自国民の人体実験を繰り返す中国

     昨年、中国には「人間の頭部を移植することが成功した」とアピールして世界から非難されたばかりです。
    https://www.sankei.com/west/news/171207/wst1712070023-n1.html

     また、新疆ウィグル自治区でウィグル人の臓器を世界の患者に売り出す「臓器売買ビジネス」も現在進行形です。そして、今回のような事件です。

     中国政府、今後もまた中国国民を実験体としていろいろな生体実験が始めるかもしれません。

    11

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。