ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

香港補選、民主派が惨敗

姚松炎氏

統制に自信深める中国

 中国に批判的な民主派議員の失職に伴う香港立法会(議会=定数70)補欠選挙(改選数4)が11日に行われ、4議席回復を目指す民主派は2議席に留まり、組織力で勝る親中派は2議席を獲得した。中国からの独立志向の強い候補が出馬を取り消されて若年層の投票率が下がり、民主派は重要法案の拒否権すら得られない大惨敗。中国政府は香港統制に自信を深める一方、香港の民主化運動は戦略の見直しを迫られている。 (香港・深川耕治)

 立法会には直接選挙区(35議席)と職能別選挙区(35議席)がある。今回の補選で争われた直接選挙区の3議席のうち、民主派陣営は2議席、親中派陣営は1議席を獲得。職能別選挙区の1議席は親中派が当選した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。