«
»

中国原潜が尖閣水域進入、軍事挑発強化の可能性 川村純彦氏

川村純彦氏

第1列島線突破の試み

 中国海軍のフリゲート艦と共に、「商(シャン)」級攻撃型原子力潜水艦が11日、初めて尖閣諸島の接続水域に潜没航行しながら進入した。日中関係改善の兆しも見えつつある中、なぜこのタイミングなのかと国内は騒然としている。

 しかし、そもそも日中の外交問題と軍事的問題は分けて考えなければいけない。日中間の友好ムードは確かにこれまでよりも高まってはいるが、一方で、米国のトランプ大統領は北朝鮮問題で中国に期待を裏切られたという思いが強く、中国に対し冷ややかな態度を取り始めている。従って、日本としても今回の事案はそれほど日中外交へのインパクトにはならない。あくまでも軍事的問題として捉えるべきだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。