«
»

明確な戦略ない米政権

磯村順二郎氏

米ハドソン研究所上級研究員 磯村順二郎氏

今後、南シナ海問題はどう動くと考えるか。

 中国が既得権益として南シナ海支配を強めていくだろう。中国は太平洋への出口がないから、通り道を作らない限り外に出られない。南シナ海支配はその道を確保することが狙いの一つなので、今後も海洋進出は続くとみるべきだ。今の中国には軍事力があるため、米国といえど簡単に対応できないだろう。

中国の軍拡、海洋進出を止めるのは難しいということか。

 現実として難しくなっている。米政府と中国政府が話し合っても人民解放軍を抑えられるか分からない。

 また、かつては共産主義というイデオロギーで人民をまとめていたが、今や中国共産党の存在理由がない状態になっている。だから(人民をまとめるために)常に拡大路線を取らざるを得ない。

トランプ米政権の対応をどう見る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。