«
»

モンゴル帝国の復活狙う習政権

ペマ・ギャルポ

日印強化で中国牽制を

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ氏に聞く

 ペマ・ギャルポ氏のiPADには世界中の知人・研究者から毎日、約100通のメールが届く。どれも現地からのリポートだから臨場感がある。そうした情報などから世界の潮流を知るペマ氏にとって、日本の致命的欠陥は「木を見て森を見ず」だという。

 またペマ氏は、習近平中国国家主席が唱える「中国の夢」とはモンゴル帝国の復活を意味し、日印関係強化で中国を牽制(けんせい)する必要性を強調する。拓殖大学国際日本文化研究所教授のペマ氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

北京で開催された5月の一帯一路会議にインドは参加しなかったが、最大の理由は何か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。