«
»

モディ政権3年の日印、インド洋進出著しい中国に対抗

岡本幸治氏

順調に発展を続ける経済 人口構成が最大要因、半数が25歳以下

大阪国際大学名誉教授 岡本幸治氏に聞く

 グジャラート州の首相からインド首相になったナレンドラ・モディ氏の政権が3年を経過し、強引な手法で一時混乱もあったが、経済は順調に成長している。他方、政治的にはインド洋で存在感を強める中国への対応が急を要し、アジアを舞台に「龍と象の争い」を展開している。こうした事態に日本はどう対応すべきか、インド情勢に詳しい岡本幸治氏に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

インド経済が好調だ。

 2015年に日本が受注した高速鉄道計画は、インド最大の都市ムンバイと工業都市アーメダバードを結ぶ約500キロのルートで、ナレンドラ・モディ首相は、かつてアーメダバードのあるグジャラート州の首相だった。彼は3期14年で達成した同州の経済成長を背景に、当時野党のインド人民党から国の首相に立候補して当選した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。