«
»

香港返還50年後の色は「赤と黒」

800

香港青少年座談会

 1日、香港が英国領から中国に返還されて20年が過ぎ、2047年まで50年間にわたって高度な自治を保障する「一国二制度」は香港をどう変容させたのか。返還後に生まれた19歳前後の学生、社会人6人に座談会形式で意見交換してもらった。(香港・深川耕治)

 1日、香港訪問中の習近平国家主席は演説で「香港の一国二制度は世界が認める成功を収めた」と強調し、香港独立の動きに対しては「中央の権力に挑戦する動きは絶対許さない」と厳しく非難した。「香港が国家の主権と安全、発展の利益を守るための制度は完全なものとする必要がある」と述べ、香港基本法(ミニ憲法)23条で義務付ける国家分裂や政府転覆を禁止する法律の新制定を求めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。