«
»

不変の愛国教育路線、空母・人民軍基地も公開へ

800

18位から73位に転落、報道の自由度ランキング

 6月30日、民主化団体・民間人権陣線のスタッフは吐き捨てるように言った。7月1日午後、毎年恒例となっている香港の大規模な民主化デモ(主催・民間人権陣線)は出発点である香港島のビクトリア公園で中国の宇宙科学を紹介する科学技術展の会場に“占領”され、出発場所の縮小を余儀なくされた。

 6月29日の科学技術展の開幕イベントで中国の宇宙飛行士として活躍した楊利偉氏、景海鵬氏、陳冬氏は香港の小学生300人との対話で「宇宙人は宇宙にいますか」と質問され、「もし、出会ったら会話して宇宙船の実験室に来て手厚くもてなす」と軽妙に答えていた。

 香港の民主派は中国人にとって宇宙人よりも交流できない敵対勢力なのかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。