«
»

アジアで高まるテロの脅威

800

ISに近づくイスラム過激派

 今年7月、バングラデシュで日本人7人を含む20人が殺害されるテロ事件が起きた。このバングラショックは大きく、国際協力機構(JICA)では安全管理室を部に昇格させた。アジアでもイスラム過激派によるテロの脅威が高まっている。(池永達夫)

 アジアでは近年、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓うグループが続出。年初にはインドネシアで、ISに参加した容疑者が主導した自爆テロが発生、30人以上が死傷した。バングラのテロ事件でも、一部容疑者はISと関係しているとされる。

 世界最大のイスラム人口を擁するインドネシアでは、ISの過激思想に染まる若者が増加。シンガポールのテロ研究所によると、700人以上がISの戦闘員としてイラクやシリアに渡っているという。

 ただ基本的にインドネシアのイスラム教徒は穏健で、暴力を肯定する過激派はごく一部だ。しかも、ISをめぐり内部で割れてもいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。