«
»

新国王時代のタイ、王女が重要なカギを握る

yamada

 タイのプミポン国王が死去し、後継の新国王は、即位はまだ先ながら、ワチラロンコン皇太子(64)にスンナリ決まったようである。少々複雑な気持ちがする。

 後継者争いを見たいわけでは全くない。でも、もう一人の王位継承者だった国王の次女、シリントーン王女(61)が、1970年代以来、国民の間でいかに人気が高かったかを、思い起こしているからだ。

 ワチラロンコン皇太子は、1972年に王位継承者となったが、妹も78年に継承権を与えられた。日本でも近年、女性・女系天皇問題が議論されてきたが、この時、タイ王室内で強い反対があったのを、プミポン国王が押し切った、という。

 タイには厳しい「不敬罪」があるから、王室の内情や人物論などは、ほとんど報道されないが、皇太子は、軍人として学び育ち、国民より軍部と親しかった。めったに笑顔も見せない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。