«
»

巧妙化する中国の尖閣領有権主張 米中経済安保調査委 ラリー・ウォーツェル氏

300

中国の防空識別圏設定

 【ワシントン早川俊行】米議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」の委員で、中国軍事戦略の専門家であるラリー・ウォーツェル氏はこのほど、世界日報の取材に応じ、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことについて、「中国政府は尖閣諸島に対する領有権主張を強化し、中国沿岸から監視・管轄する空域を拡大する手段として、新たな防空識別圏を利用している」と指摘した。その上で、中国の習近平政権による領有権主張は、胡錦濤前政権より「巧妙化している」との見方を示した。

 ウォーツェル氏は、中国による防空識別圏設定には、日本が2010年に沖縄県・与那国島上空を縦断していた防空識別圏を台湾側に拡張させたことへの対抗措置の意味合いもあると分析。オバマ米政権が2機の戦略爆撃機B52を飛行させたことについては、「完璧な軍事的対応だった」と高く評価した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。