«
»

中国、尖閣発端に対米戦争も 米ランド研究所が「米中戦争」研究

800

長期戦に備え日本の役割強調

 安全保障問題では米国最大の民間研究所であるランド研究所がこのほど、「米中戦争」をテーマにした報告書をまとめた。2025年までの近未来を見越した米陸軍からの委託研究だった。リポートでは米中戦争の発火点に関し、尖閣を一例として挙げている。(池永達夫)

 副題は「考えられないことを考える」とあるが、安全保障の要点は通常リスクだけでなく、万が一にも備えることにある。この点において、米陸軍がランド研究所に委託したテーマである「米中戦争」は、安全保障の空白部分を埋める貴重なものだ。

 わが国では、韓半島での武力紛争(第2次朝鮮戦争)を想定したオペレーションズ・リサーチ「三矢研究」(1963年、自衛隊統合幕僚会議)を社会党から突き上げられて以来、長い間、まともな防衛論議に縛りが掛けられた経緯があるが、リスクそのものを正面から見ようとする米国の姿勢こそが安全保障政策にとって重要であることは論を待たない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。