«
»

台湾との政治交流深化

梁家傑氏

公民党の梁家傑名誉主席(下)

香港「自治」の行方 識者に聞く(8)

香港の雨傘運動を主導した新党「香港衆志(デモシスト)」の羅冠聡党主席や同党の周永康副秘書長は6月1日、台湾入りし、台湾のひまわり学生運動を行った台湾与党勢力である新政党「時代力量」の林昶佐(フレディ・リム)立法委員と討論して活発な交流をしている。

 周永康氏や羅冠聡氏、香港の学生団体「学民思潮」秘書長だった黄之鋒氏(香港衆志秘書長)らは台湾総統選の前から台湾の学生団体や若年層グループとの交流を盛んに行っている。公民党でも台湾与党の民進党と最大野党の国民党とも交流をしていて、特に台湾が蔡英文政権となり、香港の民主派政党と台湾与党・民進党との政治交流は密接になっていく。(香港に対する)中国共産党の圧力は「きょうの香港はあすの台湾」とみられていて、香港での経験、台湾での経験をうまく共有していくことになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。