«
»

英国のEU離脱は反面教師

呉秋北氏

呉秋北全国人民大会代表(下)

香港「自治」の行方 識者に聞く(4)

中国本土の禁書を扱う香港の銅鑼湾(コーズウェイベイ)書店の林栄基店長ら5人が昨年10月から12月にかけて失踪し、中国本土で拘束された。一国二制度の現状をどう見るか。

 林栄基氏の問題は事実関係が数多く疑問点が残り、まだ明確ではないのに「一国二制度の破壊」と批判するのは早計で浅はかだ。香港居住者は1日数十万人が中国本土と往来し、ほぼトラブルがない。

欧米で同性婚容認の国が増えている。香港や中国での対応はどうすべきか。

 香港では7月1日の中国返還記念日という祝日に反政府の民主化要求デモを行っていて、デモ発足当初から同性愛団体が入って組織化していった。民主化要求と同性愛の権利拡大の接点は香港では見当たらない。香港は中国伝統の家族的価値観が強く、男女を陰陽と捉え、相互補完するのが夫婦と見るので、同性愛や同性婚に反対する意見が多い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。