ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

転向の意志尊重しない同性愛団体

康貴華

中華圏に浸透する同性婚(8)

香港の精神科医・康貴華氏に聞く(下)

同性愛や同性婚が少数派ではないという社会的風潮は若者にも影響するか。

 英国の調査では18~24歳の若者で異性を恋愛対象に思わず、同性でも良いと感じている若者が50%を超えているという結果が出ている(表参照)。最近の若者は異性間の恋愛や性交渉だけでなく、場合によっては両性愛(バイセクシャル)であったり、同性愛でも可能なのではないかとの好奇心による風潮が強く影響していると言えるだろう。とくに10代前半の女性は恋愛対象の性別が変わりやすい。一つは社会的風潮として同性愛は一般的になったと思ったり、同性愛の友人が性交渉を求めると本人も同性愛者になってしまう傾向にある。異性への恋愛に失敗してしまうと、同性愛に陥る傾向が見られる。

同性愛者が同性愛に抵抗を感じて異性愛者に転向したいと願うケースはあるのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。