«
»

新風運んだ馬も「今は昔」

300

中国新疆からカザフへバスの旅

 中国の新疆自治区ホルゴスから国境を越え、カザフスタン一の商都アルマトイに向かうバスに乗った。4千メートル級の峰々が連なる天山山脈は、中央アジアと中国を隔て夏でも万年雪と氷河をたたえている。その中腹では、のんびりと草を食(は)む馬の群れが車窓から見える。馬は暑さに弱いので、夏は標高の高い高原に移動する。かつて中国が求めた名馬・汗血馬は、カザフスタンやキルギスの馬だった。 (池永達夫、写真も)

 隣の席から青年が話し掛けてきた。中国の西南大学に留学しているカザフ人学生のマラート・タジンさん(21)だった。

 「大学では何人ぐらいの留学生がいるのか」と尋ねた。

 「カザフスタンから100人、ベトナムから100人、タイから400人」

 「キルギスからは?」と聞いた。

 答えは1人だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。