«
»

上海ディズニーランド、中国の色を前面に

800

ソフトパワーをフル活用

 中国・上海市郊外に上海ディズニーランドが16日にオープンし、アジアで日本と香港に次ぐ3番目の「夢と魔法の王国」が国内外で注目を集めている。米国ディズニー方式をそのまま導入せず、干支(えと)や中国の伝統文化の特色を前面に出すことで経済特区のような経済効果を国威発揚にフル活用するソフトパワー重視の経営がにじみ出る一方、違法コピー問題やマナー違反は香港ディズニーランドでの教訓を生かし切れていない。 (香港・深川耕治)

 雨の中、16日は3万人以上が来場し、二つのリゾートホテルも満室状態。上海の大手旅行代理店では3カ月先までホテルや入場券は予約で埋まっている。地下鉄1号線羅山路駅から上海ディズニーランド駅直通の地下鉄直通列車も同日、開通し、初日だけで約8万人が利用した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。