«
»

台湾は中国の進出阻止の砦

川村純彦氏

「日台関係基本法」制定に期待

日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(5)

元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く

中国が南シナ海で強行している人工島の軍事基地化の次の狙いは何か。

 台湾だろう。台湾は中国沿海部の中央に位置し、そして、第1列島線の中間にある。中国にとって海洋戦略の要衝であると同時に、戦略上の弱点にもなっている。したがって、台湾を統一できれば「A2/AD」戦略の前方拠点を得ることになる。

中国は2005年に「反国家分裂法」を制定し、台湾の武力侵攻を放棄していないのでは。

 中国が台湾を武力攻撃したら、米国が救援のため出てくる。

弱腰外交と批判されているオバマ政権でも出てくるだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。