«
»

海自、対潜能力で中国圧倒

川村純彦氏

ミサイル防衛態勢整備は急務

日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(4)

元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く

仮定の話だが、日中両国が戦えば勝敗はどうなるだろうか。

 海軍同士の戦いならば日本が勝つ。中国は徹底的に負ける。

 中国は空母「遼寧」を持っているが、航空母艦は潜水艦にはかなわない。中国が投入できる兵力は潜水艦しかないが、その潜水艦も片っ端から撃沈される。対潜戦のプロに言わせれば、中国の潜水艦は銅鑼(どら)や太鼓を叩(たた)いて走っているようなものだという。仮に太平洋に出てきても海自の対潜部隊にことごとくやられて帰還できない。

 2004年に、沖縄の石垣島周辺で中国の「漢」級原子力潜水艦が領海侵犯した。原子力潜水艦だから潜航したまま頭を出さないが、それを海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が55時間にわたって上海沖まで追跡した。それぐらいの能力を持っている。

海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦の高性能も特筆すべきものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。