«
»

蔡英文政権、教育の「台湾化」を推進

700

前政権の指導要領廃止へ

 台湾で20日に発足した民進党の蔡英文政権は、国民党の馬英九前政権時代に改定された中国色の濃い国語と社会の指導要領を近く廃止する方針で、新任の潘文忠教育部長(教育相に相当)は改定前の指導要領に基づく教科書を使用するよう求めた。歴史認識で早くも脱中国化による前政権との違いを明確化し、中台関係の冷却化が強まる一方、「台湾人意識」の高揚が浸透する台湾で李登輝政権、陳水扁政権に続き、「教育の台湾化」を進める方針だ。 (台北・深川耕治、写真も)

 台湾では与野党間で中国や台湾についての歴史認識に大きな違いがあることから、政権交代があるたびに学習指導要領の修正が繰り返され、学生らの反発を買うなど混乱が続いてきた経緯がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。