«
»

蔡台湾新総統就任演説を最大限に評価し、中国に諫言した朝日社説

◆「現状維持」各紙評価

 1月の台湾総統選挙で圧勝し台湾史上初の女性総統となった民主進歩党の蔡英文氏(59)が20日に台北市内の総統府で行った第14代総統就任演説で焦点となったのは、中国が受け入れを迫っていた「一つの中国」原則とその原則を確認したとされる「1992年コンセンサス(合意)」についての対応であった。

 民進党は、経済不振と性急な対中傾斜で支持を失った国民党から8年ぶりの政権奪還で、1996年に始まった総統直接選挙から3回目の政権交代を果たした。そのうえ今回は、台湾の国会に相当する立法院で議席の過半数を獲得していて、同党としては初の完全与党となった。綱領に「独立」について記述するなど独立志向の強い民進党は、これまで92年合意を認めてこなかったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。