«
»

村上春樹現象に見る日本と台湾の絆

800

熊本支援の動き、即日各地で

蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題(2)

 2014年以来、各国語に翻訳されている日本の人気作家、村上春樹氏の造語「小確幸(しょうかっこう=小さいながら確かな幸福)」が台湾で大流行し、村上春樹ブームが続いている。

 同年8月、台北郊外の私立大、淡江大学では、村上氏の作品を研究する「村上春樹研究センター」が設立され、曽秋桂教授は初代主任として日本や台湾で村上春樹作品に関する国際シンポジウムを行いながら学術交流を広げている。

 村上春樹氏と言えば、台湾で最も人気のある日本人作家の一人。1980年代から翻訳作品が数多く出版され、若者を中心にブームを巻き起こし、香港、中国大陸など中国語圏に拡大し、書店では翻訳物がズラリと並ぶ。最近は、日本文学を学ぶ学生の中でも村上作品を研究対象にするケースが増え、村上作品の国際的な研究拠点として淡江大学がいち早く研究センターを立ち上げた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。