«
»

チベット亡命政府、「高度な自治」獲得目指す

ロブサン・センゲ首相

センゲ首相が再選

 インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は4月27日、3月20日に投票が行われた首相選の結果を発表。現職のロブサン・センゲ首相(48)が得票率57・1%で議会議長のペンパ・ツェリン氏を破り、再選を果たした。チベット語の使用や文化・宗教の保護など中国での自治権拡大を柱とする「高度な自治」を求めるセンゲ首相は、対話そのものを拒否し続ける中国の扉をこじ開けるバーゲニングパワーをどう手にするのか、重い課題を抱える。 (池永達夫、写真も)

 ヒマラヤや崑崙(こんろん)山脈に囲まれた統一王朝「吐蕃(とばん)」を起源とするチベットは、第2次世界大戦まで独立国だった。通貨や郵便制度もあった。モンゴルやネパールに対しても主権国家同士の条約を結んでいた。それが1950年、中国人民解放軍の侵攻を防ぎきれず実効支配される。国民党政府を台湾に追い出した中国共産党は、49年に中国人民共和国を建国。その翌年のことだった。59年には最高指導者ダライ・ラマ14世がヒマラヤを越えてインドへ脱出、インド北部のダラムサラに亡命政府を樹立した。脱出者とその子孫が亡命チベット人で世界に13万人いる。うち10万人がダラムサラなどに住むインド在住者だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。