«
»

パキスタン・テロの一因に過激派利用する政府挙げるガーディアン

◆「大量虐殺」に危機感

 世界各地で過激組織「イスラム国」(IS)の同調者によるテロが頻発している。3月下旬にはパキスタン東部パンジャブ州の州都ラホールで自爆テロが起き、イスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の分派ジャマートゥル・アフラルが犯行を認めた。犯行声明によると「標的はキリスト教徒」だったという。

 ISはイラク、シリアの支配地域でキリスト教徒やヤジディ教徒を虐殺したり、女性を奴隷にするなど異教徒を迫害してきた。ジャマートゥル・アフラルは2014年にタリバンから分離、ISへの忠誠を誓っていた。

 英パキスタン・キリスト教徒協会のウィルソン・チョードリー会長は米紙ワシントン・タイムズ紙で、パキスタンでの自爆テロを「大量虐殺」と非難した上で、「西側の政府がこの問題をはっきりと認識しなければ、キリスト教徒の死者は今後、急激に増加する」と強い危機感を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。