«
»

カンボジア、三輪タクシーの嘆き節

400

ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(9)

 ベトナム最大の商都ホーチミンから午前9時、国際バスは隣国カンボジアに向かって出発した。料金は12㌦だ。  国境のイミグレで1時間半ほど時間は取られたが、6時間ほどでプノンペンに到着する。この早さを実現したのは昨年4月、カンボジア南東部のメコン川に架かる橋が日本の支援で完成したからだ。鳥が翼を広げるような格好から、日本語で「つばさ橋」と命名された。これで、プノンペン経由でホーチミンからバンコクの約900㌔が、「南部回廊」としてつながった。

 それまでフェリーでメコン川を越える必要があって、最大待ち時間7時間といった混雑に手間取り、大体、プノンペンに到着するのは夜の帳(とばり)が下りてからのことになったものだ。それがまだ陽(ひ)が高い午後3時前にはプノンペン到着となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。