«
»

袋小路の中国経済、住宅2千万戸が売れ残り

石平氏

評論家 石平氏(下)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(25)

本当に不動産バブルは破裂したのか。

 現在、不動産は売れないから在庫が増えている。中国全体では20億平方㍍の住宅売れ残りがある。1軒、100平方㍍としても2000万戸だ。東京が数個そっくり、売れ残っている格好だ。

何が住宅バブルを生み出したのか。

 通貨供給量を10年間で6倍にまで膨らませた。それほどお金を刷って、みんな不動産投資をやった。あるいは銀行から借金して不動産を買う。それで不動産バブルを膨らませた。

特にリーマンショック後、中国は4兆元(約56兆円)の財政出動を図った。

 温家宝首相(当時)の失敗だった。温家宝が出した4兆元は、災いのもととなったし、金融緩和も大きかった。習政権は、こうした温家宝の失敗のつけを背負った格好だ。

国有企業の大破綻は起きるのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。