«
»

鍵握る軍人事、習氏「改革」掲げ胡派に反撃

石平氏

評論家 石平氏(中)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(24)

来年の共産党大会が問題となる?

 そこが天下分け目の天王山だ。江沢民派が追いつめられた後、胡錦濤派と習近平派の雌雄を決する本格戦争になる。習主席も自分はまだ胡氏の手のひらの中で泳いでいると分かっている。

 だから習主席とすれば2年以内に、胡錦濤派を押さえつけ、次の党大会で自分が主導する人事で首脳部を固めないといけない。

 本来なら昨年の5中全会(中央委員会第5回全体会議)で習主席は人事に手を付けたかったところだが、それができなかった。習主席は今年秋の6中全会で、人事に手を付けられるかどうかがポイントとなる。それがかなえば、そのまま来年の党大会に滑り込むことが可能だ。

 この6中全会で人事に手を付けられなかったら、自動的に党は胡錦濤派に牛耳られていくことになる。

習主席とすれば時間がない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。