«
»

台湾総統選と中国、海峡安定が最優先の課題

翁明賢

淡江大学国際事務戦略研究所所長 翁明賢氏(上)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(8)

 1月16日投開票の台湾総統選挙、立法委員(国会議員=113議席)選挙では野党・民進党が優位に戦いを進めている。選挙の展望、中台関係に及ぼす影響などについて台湾の私立大学の名門、淡江大学の翁明賢国際事務戦略研究所所長に聞いた。 (聞き手=台北・深川耕治)

昨年11月7日にシンガポールで開かれた中台首脳会談で習近平中国国家主席と会談した台湾の馬英九総統は、16日投開票の台湾総統選が終わり、新総統が誕生後、5月の新政権スタートまでの期間、再度、中台トップ会談を行うことはあり得るか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。