«
»

中国の軍事力増強 深刻な挑戦、理解せぬ米政府

300

新米国安全保障センター上級研究員エルブリッジ・コルビー氏(中)

2016 世界はどう動く-識者に聞く(4)

中国が米軍の戦力展開を阻害する接近阻止・領域拒否(A2AD)能力を増強している。

 有力シンクタンク、ランド研究所が行った綿密な分析によると、台湾海峡と南シナ海で軍事バランスが米国と日本にとって悪い方向に向かっている。中国の軍拡がうまく進むとは限らないが、兵器の近代化やプロフェッショナリズムの向上、中国経済の高度化を踏まえると極めて深刻だ。

 これに対し、米国は中東地域の緊張が続く中で、中国のような高度な潜在的敵対国を想定した軍事システムの開発を怠ってきた。国防総省では5年ほど前からこの問題を重視するようになっており、特にロバート・ワーク副長官は称賛に値する。だが、海軍が中国に対しては役に立たない沿海域戦闘艦(LCS)を多く調達するよう求めるなど、依然、強い抵抗がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。