«
»

「中国は簡単に崩壊しない」

800

ノンフィクション作家 河添恵子氏が講演

中国での留学経験がある河添氏は、中国の今後について「そう簡単には崩壊しない」と指摘し、中国経済崩壊論を批判。その根拠の一つとして「中国共産党は巨大な財閥だと考えている。世界に利権を持ちながら、人民を自分たちの都合で使っているグローバリストだ。それが、簡単になくなるとはイメージできない」と述べた。

また、習近平国家主席の後ろ盾は「福建省や東南アジアの華僑」と指摘。その上で、「だから、AIIB(アジアインフラ投資銀行)の構想が成り立った。習氏がここまで上り詰める上で重要な仕事は華僑工作だった」と強調した。

さらに、沖縄の米軍基地反対運動についても触れ、「生活保護者が異常に増えている。生活が大変なご老人が座り込みをしないかとリクルーティングされ、基地があるから産業が発展しないんだと吹き込まれている。ある意味で文化大革命の時とそっくりだ」と警鐘を鳴らした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。