«
»

スリランカ の“アラブの港”に中国がくさび

400

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(3)

 インド洋の真珠と言われるスリランカでは、一昨年来、8%台の高度成長が続くほど経済が好調だ。

 少数派タミル人による武装組織タミル・イーラム解放の虎(LTTE)との四半世紀に及んだ内戦が2009年に終結したことが、海外からの投資を呼び込むジャンプボードとなった。それまでテロを恐れ、夫婦が田舎からコロンボに出る際には、別々のルートで向かったものだ。残された子供を孤児にさせないための知恵だった。

 だが現在、テロの心配がなくなったことで、国内旅行熱が高まっているだけでなく、海外からの旅行者も年々増加。昨年は海外観光客が念願の100万人を突破した。

 わけてもスリランカ南部の塩田が美しいハンバントタの動きが激しい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。