«
»

「力の空白」を突く中国、日米機軸に地域連携が緊要

700

緊張 南シナ海(5)

 安倍晋三首相は19日、ともにアジア太平洋経済協力会議(APEC)参加のためフィリピン訪問中のオバマ米大統領と会談し、「盤石な日米同盟をアジア太平洋、国際社会の平和、安定、繁栄のために一層活用していきたい」と伝え、中国が南シナ海で進める人工島造成への反対で日米が連携することを確認した。

 中国が狙う南シナ海の内海化政策について留意しなければならない点は、中国は「力の空白」は絶対に見逃さないということだ。

 中国がベトナムからパラセル(西沙)諸島を占領した1974年当時は、ベトナム戦争で米軍が撤退し、南ベトナム政府の敗北が決定的になった時だ。また、91年、当時米国外の米軍基地としては最大規模の空軍および海軍基地がフィリピンに返還され、翌年、米軍は撤退した。中国はすかさずフィリピンが実効支配していたミスチーフ礁などの岩礁を占拠し、人工島を建設している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。