«
»

習政権、文革以上にウイグル人弾圧

300

世界ウイグル会議カーディル議長、中国の白色テロを告発

 中国から逃れた亡命ウイグル人を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長(68)=米国在住=はこのほど、都内の参議院議員会館で記者会見を開き、強権統治を試みる習近平政権は文革以上にウイグル人弾圧に傾斜し、無人機を使い抗議のウイグル人を殺害している実態を白色テロだとして告発した。また同議長は、国連に対しても「歴史的な問題は追及するのに、なぜ現在進行形の人権侵害は追及しないのか」と国際機関として責任放棄している実態に疑問を呈した。(池永達夫)

 カーディル氏は、中国当局が新疆ウイグル自治区一般の宗教活動も非合法化するなど、取り締まり強化に動いていると強調した。ウイグル人にとってイスラム教は、民族のアイデンティティーを懸けたものだ。ウイグル人にとってイスラムがなくなるということは、ウイグルが共になくなることを意味する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。