«
»

ウズベキスタン経済特区 中央ユーラシアの工場目指す

800

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(8)

 中央アジアの国で、産業の多角化に最も力を入れているのがウズベキスタンである。この国も天然ガスやウランなど地下資源が豊かで、金の生産量は世界第7位だ。とはいえ、カザフスタンほどは恵まれてはいない。

 その代わり中央アジア最大の3000万人の人口と、世界文化遺産の古都サマルカンド、ブハラなど伝統文化や観光資源に恵まれている。国民の大半はスンニ派の穏健なイスラム教徒。教育のレベルも高い。

  独立後、社会主義体制から市場経済へ漸進的に移行が進められてきた。そして現在、産業構造の転換が急ピッチに進められている。国内総生産(GDP)の内訳も2000年に農業30%、第2次産業14・2%、サービス業37%だったのが、14年には、農業17%、第2次産業29%、サービス業54%に変化、第1次産業から第2次、第3次産業へ大きくシフトしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。