«
»

天津爆発の陰で中露軍事演習

800

抗日式典控え蜜月ぶり誇示

 中国とロシア両軍が20日から28日まで極東ウラジオストク周辺の日本海で合同軍事演習を行い、対空、対艦、対潜水艦作戦や合同上陸訓練を展開している。天津の大規模爆発で習近平政権への不満がくすぶる中、9月3日には北京での「抗日戦争と反ファシズム戦争勝利70周年」記念行事にプーチン露大統領は出席し、同月末の国連総会にも中露首脳そろい踏みで出席、同盟強化する日米を牽制(けんせい)する動きだ。(香港・深川耕治)

 今回の中露両国海軍の合同軍事演習「海上連合2015」は5月中旬に地中海東部で行われた1回目に続き、2回目。2012年から毎年続く合同軍事演習で1年で2度に分けて行われたのは今回が初めてだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。