«
»

再選困難な香港行政長官

800

二極化する香港 識者インタビュー(11)

香港誌「前哨」編集長 劉達文氏(下)

 ――2017年の香港行政長官選挙に出馬する有力候補は誰か。

 6月29日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバー57カ国による設立署名式で中国の習近平国家主席が香港ナンバー3の曽俊華(ジョン・ツァン)財政官と握手をした。1990年代、江沢民国家主席が董建華氏(香港の初代行政長官)と握手したシーンを想起させられる。

 曽俊華財政官は穏健派で官僚経験があり、野心家ではないので幅広く香港市民に受け入れられている。昨秋の雨傘革命運動以降の処理をうまくできなかった香港ナンバー2の林鄭月娥政務官より評価されている。曽”成立法院長も可能性がある。さらに実力があるのは梁錦松(アントニー・リョン)元財政官だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。