«
»

親中派の投票失態、選挙で審判

300

民主化は中国指導部の容認が不可欠

二極化する香港 識者インタビュー(4)

香港民主党副主席・立法会議員 何俊仁氏

 香港の民主派政党・民主党副主席(前主席)の何俊仁立法会議員に香港の民主化動向について聞いた。

 ――毎年恒例となった7月1日の民主化デモは、今年は昨年の1割程度(主催者発表=4万8000人)に激減している。今後、香港の民主化はどのように展開されるべきか。

 6月18日の普通選挙改革案が賛成8票、反対28票で否決された。親中派は大部分の議員33人以上が退場していて投票すらできない棄権という珍事で物笑いの種になった。

 中央政府に対しても面目を失う行動だったので、次回選挙で有権者に審判される。

 民主派の議員団は廃案に追い込んだのでリラックスムード。7月1日のデモ参加者が例年より少ないのは、法案を廃案にした安堵感、小休止したい表れだ。

 4万8000人が参加したのは少ないとは思わない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。