«
»

中国、花火爆竹規制で大気汚染対策

700

マスク姿で興じ“春節汚染”

 中国では春節(旧正月=今年は19日)期間に合わせ、農村部出身の出稼ぎ労働者(農民工)による「春運」と呼ばれる帰省ラッシュが始まり、ピークを迎えている。大気汚染が深刻化し、微小粒子状物質「PM2・5」を含むスモッグに覆われる日が多い北京や上海などの大都市部では、春節期間の花火や爆竹の煙が悪影響を及ぼすことを防止するため、規制措置が取られている。(香港・深川耕治)

 中国では旧暦の大みそかに当たる18日から1週間が大型連休。交通運輸省は4日から3月16日までの40日間に中国内で中長距離の延べ旅客輸送数を昨年比3・6%増の28億680万人と予想しており、近距離輸送も合わせれば延べ約37億人の民族大移動となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。