«
»

タイ暫定首相きょう訪日

600

日本政府、中国のタイ取り込みを牽制

 タイ軍事政権のプラユット暫定首相が8日、日本を訪問する。昨年5月の軍事クーデター後、同暫定首相が訪日するのは初めてのことになる。日本政府が積極的にプラユット暫定首相の訪日に動いた背景には中国のタイ取り込みを牽制(けんせい)する狙いがある。(池永達夫)

 9日に予定されているプラユット暫定首相と安倍首相との首脳会談は、今回で3回目となる。両首相は昨年10月、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議が開かれたミラノで初の首脳会談を行った後、11月にも東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議が開かれたミャンマーのネピドーで会談している。

 首脳会談ではタイでの鉄道建設とミャンマー南東部のダウェイ経済特区の開発について合意する見込みだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。