«
»

中国と香港カップルに異変

800

経済格差縮み両者対等に

 香港と陸続きで隣接する中国広東省との人的交流が進み、香港人若年層の結婚観が変わりつつある。特に香港人女性で中国本土の男性と結婚するケースが30年間で約10倍増加。香港と中国本土の経済格差が縮むことで対等な立場での夫婦の在り方が一般的になり、新たな問題も浮上している。(香港・深川耕治、写真も)

 過去30年で香港人と中国人のカップルが100万組以上誕生していることになるが、カップルの在り方、特徴は大きく変化している。

 英国領だった香港が1997年7月、中国に返還され、17年以上の歳月がたつことで香港の中国化は政経分野だけでなく、人的交流や結婚についても着実に進んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。