«
»

スリランカ、中国傾斜から脱却も

800

シリセナ新大統領が就任

 8日行われたスリランカ大統領選挙で、現職のラジャパクサ大統領の親中路線に反対してきたシリセナ氏が野党連合の統一キャンペーンに成功し当選した。9日の大統領就任式では、野党、統一国民党(UNP)党首のウィクラマシンハ元首相が同時に新首相に就任。シリセナ新大統領は、ラジャパクサ前大統領が2010年の憲法改正で行った大統領の3選禁止条項の撤廃、最高裁長官や検事総長の大統領による任命といった規定を全て廃止し、強大になり過ぎた大統領の権限を縮小するなど民主化路線を公約しているが、注目されるのは中国に傾斜した外交路線の転換だ。(池永達夫)

 インド南端にあり東西シーレーンの要の位置にあるスリランカへ囲碁の布石のように、関係強化に動いてきたのが中国だった。かつて同国最大の援助国は日本だったが、それも2009年以後、中国に取って代わられた。同国への投資額でトップに立ったのは中国だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。